About Me

愛犬コビーと会話がしたい!という思いから、アニマルコミュニケーションを勉強し、数多くの動物たちと練習を積み重ね、テレパシーで動物と意思の疎通をはかるというユニークな能力を開花いたしました。正直言って最初は半信半疑でしたが、アニマルコミュニケーションのトレーニングを繰り返していくうちに、ワンコやニャンコのメッセージが本当に視覚や感覚、嗅覚で伝わってきて、自分でもビックリしたのを覚えています。同時に、動物は人間と同じくらい多様な感情にあふれていて、人間と同じくらい意見を持っていることに感動しました。

これまで東京、上海、シンガポーでの生活を経て、2015年より活動拠点をニューヨークに移しました。刺激的で多様性あふれる環境の中、いろいろな意味で毎日"気づき"の連続です。

国や人種は違えど、愛する動物に対する疑問や愛おしい思いは全く一緒です。多くの飼い主の方々とその最愛のペットたちが、アニマルコミュニケーションを通じて互いに意思の疎通が出来きるという事実に喜んでいる姿を見ると、本当に心が温まります。

近年は保護犬や保護猫を受け入れる方が多く、過去に辛い経験をした動物たちでも、愛情たっぷりの里親の方々に感謝をしながら幸せに暮らしているというメッセージをもらうと幸せな気持ちでいっぱいです。

これまでコミュニケーションをしてきた動物は犬、猫、鳥、馬、ゴリラ、ゾウですが、これ以外の動物でもコミュニケーションをすることは可能です。遠隔コミュニケーションができるので必要なのは動物たちの写真だけ。是非メールてお気軽にご相談いただければ幸いです。

What is ​

Spiritual Animal Communication

Black%20Dog_edited.png

スピリチュアル・アニマルコミュニケーションとは、動物たちとイメージや感覚を通して潜在意識レベルでコミュニケーションをとることを意味します。
 

スピリチュアル・アニマルコミュニケーションの理解に欠かせないのが、右脳と左脳の仕組みです。右脳と左脳はそれぞれ機能が異なり、右脳はイメージや記憶力、想像力やひらめきを司る脳で、感性や直感力の強い人は、右脳が発達していると言われます。この右脳に対し、左脳は言語や文字の認識、計算力や論理的思考を司る脳と言われています。

 

私たち人間も言葉が生まれる前の石器時代には、主に右脳を使って直感で互いにコミュニケーションをとっていましたが、言葉を持つようになってからは左脳が活発に働くようになり次第に右脳の機能が劣化してしまいました。言語能力を持たない動物たちは、大昔の人間と同様にこの右脳を使って直感で互いにコミュニケーションをとっています。


このように、私はアニマルコミュニケーションを行う際脳の働きを利用して、右脳を意識的にコントロールし動物たちの発するメッセージを嗅覚、視覚、聴覚など全ての感覚で受け取りながら対話をしています

What Does

Chaco Spiritual Animal Communication Consultant Do

私のスピリチュアル・アニマルコミュニケーションは、ご自身のペットを心からより深く理解したいと願う飼い主の方々に動物の声をわかりやすく伝達します。

 

例えば、最愛のペットが最近どうして食欲がないのか、なぜいつもと違った行動をとるようになったのか、飼い主の方に望むものは何か等、ご自身のペットに聞きたかったことを質問し、動物自身からのメッセージを受け取ることができます。それとは反対に、ご自身のペットに日頃から伝えたかったことを、私(スピリチュアル・アニマルコミュニケーター)を介して伝えることができます。

 

また、すでに他界してしまった動物たちともコミュニケーションが可能です。身体はなくとも、魂は存在しているので心の会話をすることが出来るのです。

Cat%2520and%2520Dog_edited_edited.png

Example 01

Example 02

ある飼い主さんのワンコ、ラッキーは、これまでお庭でおトイレを自由にしていたのですが、ある時から散歩の時間までずっと我慢をし、お庭では一切しなくなってしまいました。飼い主さんに代わり、ラッキーにどうしておトイレを我慢しているのか聞いたところ、以前おトイレをした後すぐに誰かが自分のおトイレを掃除しているのを見て、お庭でしちゃいけないのかと思ったそうです。ラッキーにこれまで通り我慢せずにお庭でしていいんだよ〜というメッセージを伝えたところ、数日後に飼い主さんから、ラッキーが再びお庭でおトイレをするようになった、という喜びのメッセージをいただきました。

5年前に他界してしまったニャンコ、ココの最期に立ち会うことが出来ず、サヨナラが言えなかったことが悔やまれてずっと罪悪感を抱いていた飼い主さんの依頼で、その旨をココに伝えたところ、当の本人(ココ)は自分が旅立つことを知らず深い眠りに落ちたので全然気にしていないよ〜という返事が返ってきました。逆にココの方から、愛情いっぱい育ててくれた飼い主さんにすごく感謝しているというメッセージをもらいました。

このように、私の提供するスピリチュアル・アニマルコミュニケーション・コンサルタントは飼い主の方々と最愛のペットたちがより深く意思の疎通が出来るようお手伝いをし、お互いがベストな環境で過ごせることを目的としています。

Please Note

スピリチュアル・アニマルコミュニケーション・コンサルタントは病気の治療や診断をするものではありません。あくまでも動物から得た情報を参考としてお伝えするものです。健康状態や精神状態に疾患がある場合は、専門の獣医にお問い合せいただくことをお薦めします。

躾の途中段階で室内でおしっこを繰り返してしまう、家具を引っ掻いたり噛んでしまうといった、未成熟なためにとってしまう行動や動物本来の習性を変えることは出来ません。もし、ある行動をすることで何か飼い主さんにメッセージを送っている場合は、飼い主さんと動物の相互理解で問題が解決する可能性はあります。

Elephant%252520Love_edited_edited_edited

飼い主さん及び動物たちの守秘義務を尊重します。飼い主さんや動物たちの許可なしに他人にコミュニケーションの内容を開示することはありません。